運用型ディスプレイ広告

効果改善を成果でコミット!イーエムネットジャパンの運用型ディスプレイ広告


スマートフォン広告費とPC広告費の、2016年の市場規模は、スマートフォン広告費は、5,516億円、前年比111%、PC広告費は4,159億円、前年比99%と予測され、スマートフォン広告費は引き続き高い成長率を示し、PC広告費は減少傾向にあると考えられます。
結果、スマートフォン広告費はインターネット広告媒体費の57%に達すると調査では予測されWebプロモーションの主軸となる広告となっております。
(参照:D2Cは、CCIのインターネット広告市場規模推計調査)

当社の適切な費用対効果改善例・手順


管理画面の分析
効果の悪い広告グループ除外
広告グループ精査(イメージ単位)
オーディンエス精査
適切なクリエイティブの変更

当社の強み

営業担当者がお客様のアカウントを運用する専任体制
Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験 取得率80%以上
AdWords 認定資格試験 取得率80%以上
イーエムネットジャパンはヤフー株式会社が定める条件を満たす正規代理店としてゴールドパートナーに認定されています。
イーエムネットジャパンはグーグル株式会社よりプレミアGoogle Partnerとして認定されました。

取り扱いサービス

GDN
(Google ディスプレイ ネットワーク)

Google ディスプレイ ネットワーク(GDN)は、巨大なアドネットワークです。
国内のインターネットユーザーの約90%にリーチできる圧倒的なカバー率があるとも言われております。
最も関心が高いと見られるユーザーや販売している商品やサービスとの関連性の高いウェブサイトへと最適なタイミングで最適なサイトに広告を掲載し、高い効果を実現します。
広告フォーマットは多彩でテキスト広告やイメージ広告、インタラクティブ広告、動画広告などあらゆる広告フォーマットを配信できます。

YDN
(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は、Yahoo!ニュースやヤフオク!などYahoo! JAPANのコンテンツページの他、さまざまな提携サイトのコンテンツページに広告を表示します。「ターゲティング」では、特定のユーザー層に限定して広告を配信できます。
一度サイトを訪れたユーザーに対しては「サイトリターゲティング」や検索時のキーワードを元に見込み顧客へ「サーチターゲティング」配信。
性別・年齢・地域の設定配信は「性別・年齢・地域ターゲティング」の活用、デバイス毎配信、興味関心連動型広告「インタレストマッチ」など目的に合わせて機能選定することができる広告です。

DSPはDemand-Side Platformの略で、広告主の広告効果最適化を目指すプラットフォームです。
広告枠の買い付けや配信、クリエイティブ分析までを自動で行い、最適化を行います。
DSPの特徴としては、既存の広告配信手法とは異なります。

オーディエンスターゲティング

Cookieに基づく個人を特定しない属性情報の集まりをオーディエンスと呼びます。
今までの行動履歴や購入履歴、位置情報に基づいて「興味関心」やデモグラフィックを推測、カテゴライズされます。カテゴライズされたユーザー群は広告配信対象と想定され、これらのユーザーを巡り入札競争が繰り広げられます。

RTB

ネットユーザーへのブランドイメージ構築や認知度アップに効果のある広告。
お客様のコストパフォーマンスを重視した広告戦略をご提案いたします。

DMPとの連携

DMP(Data Management Platform)と連携し、特定ユーザーに対して広告配信をすることができます。DMPと連携すると、自社サイトのログデータや他社ビッグデータに蓄積された行動(購買)履歴に基づいた精度の高いターゲティングが可能となります。

アドネットワークとは、YDNやGDN以外の広告媒体のWebサイトを多数集めて形成される広告配信ネットワークとなります。
配信面は、Webサイトやアプリ面の媒体などの多くのトラフィック量を保有しており、短期間で多くのメディアへ配信することが可能です。
課金形態は、CPC(クリック課金)かCPM(1,000回表示課金)ベースでの課金がメインで、最近ではCPMベースの方が主流になりつつあります。

インフィード広告とは、「ソーシャルメディアやモバイルサイトのフィード(feed)の中(in)に表示される広告」という意味で、コンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことを指します。
SNSの誕生とほぼ同時期に存在してい「インフィード広告」ですが、Yahoo!スマホトップページのタイムライン化と共に急速に認知が拡大し、日本の全ネット人口のうち半数以上が使用しているYahoo!のスマホトップページにインフィード広告の枠が追加され関心が広がりました。

広告費+運用代行費用(広告費の20%)が必要となります。
運用シミュレーション例(月額広告費50万円とした場合)

お問合わせはこちらから